*

「ヘルプマーク」を東京都営地下鉄の巣鴨駅でもらってきました。

      2015/08/29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

「ヘルプマーク」を東京都営地下鉄の巣鴨駅でもらってきました。

何の証明書もいらなかったです。

券売機となりの窓口で、「ヘルプマークください。」といったら、はい、といってすぐくれました。
東京の地下鉄の職員の方も、東京都の職員で交通局と東京福祉保健局の違いだけ、
といえば、そうも言えますね。

 

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、または妊娠初期の人等、
援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、
援助を得やすくなるよう、作成された、東京都によるマークである[1]。
著作権は東京都に帰属し、商標登録されている[2]。
ヘルプマークの趣旨に合致すれば作成・活用することが認められている[3]が、
寸法や比率を含めてガイドラインに従う必要がある[4]。

 

*2012.10から東京都により配布が始まったそうです。

 

妊娠初期の人、心臓に鉄はいってたりペースメーカー入ってる人は、

確かに外からはわかりません。
僕のように、カテーテル手術で心筋梗塞を切り抜けた人間は、裸になったところでわかりませんが・・・

「ヘルプマーク」にはシールもついていて、何かあった時に連絡してほしい人と電話番号、
など書いて貼っておくことができます。

 

ヘルプマーク

 

ちなみに、心筋梗塞発症5年、2度死に損なりましたが、1度は電車で座れていたら、
「死に損なう」まで行かなかったかもしれません。

2年ぶりの救急車 に書いてあります。

 

 

スポンサーリンク

 -トピックス

  関連記事

NHK「今日の健康」で「心筋梗塞を防ぐ」シリーズ その4(心筋梗塞を防ぐ「カテーテルかバイパス手術か」)

詳しくは NHKの番組サイト 2015年8月13日(木)放送 心筋梗塞を防ぐ「カテーテルかバイパス手

サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識(NHK 「ためしてがってん」から)

詳しくは NHKの番組サイト http://www9.nhk.or.jp/gatten/archiv

松田直樹さんの命日とAEDの普及

今日は、元サッカー日本代表「松田直樹」さんの4回目の命日です。 2011年8月2日、松本市の梓川ふる

心臓の画像05

第77回日本循環器学会学術集会

学会自体の案内 http://www2.convention.co.jp/jcs2013/japan

NHK「今日の健康」で「心筋梗塞を防ぐ」シリーズ その3(薬を使う)

詳しくは NHKの番組サイト 2015年08月12日(水)放送 心筋梗塞を防ぐ「薬を使う」 を参照く

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに

心臓の画像02

なぜヒトは心臓病を患うのか(NHK番組紹介)

詳しくは NHKの番組サイト http://www.nhk.or.jp/special/detail

「死の瞬間」について、結構読ませるサイトがあったのでご紹介です。

「死」に立ち会ってるアメリカ・ニューヨークの救命救急士さんの「死にゆく人」を見る時のプレゼンです。

心臓の画像03

心臓が突然停止する!まさかの奇跡の生還SP(NHK 「ためしてがってん」から)

詳しくは NHKの番組サイト http://www9.nhk.or.jp/gatten/archiv

血管年齢を無料で測定してくれます

    ”ゴゴスマ~GOGO!Smile!~ 2015年7月14日(火)13:5

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに