*

NHK「今日の健康」で「心筋梗塞を防ぐ」シリーズ その4(心筋梗塞を防ぐ「カテーテルかバイパス手術か」)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks


詳しくは NHKの番組サイト
2015年8月13日(木)放送 心筋梗塞を防ぐ「カテーテルかバイパス手術か」
を参照ください。

以下、番組のまとめ。

 

カテーテルとバイパスのどちらを選択するかは、

以下4点を元に検討されているようです。
「狭さくがある場所」
「狭さくの数」
「年齢」
「持病」

 

カテーテルかバイパス手術か

 

バイパス手術

狭さくが冠動脈の根元にある場合は、心臓の筋肉の広い範囲に血流不足が起きるので、
バイパス手術で根本的に治療することを考えます。
狭さくが3か所以上ある場合も、
一度に治療できるバイパス手術を考えます。

 

カテーテル

ステントを入れた部分が再狭窄する事があるようです。
(私の場合、3か月後、半年後に検査入院し、カメラカテーテル検査手術)
最近は表面に薬を塗った薬剤溶出性ステントを用いた治療が主流になっているようです。
これにより再狭さくが起こることはほとんどなくなりましたが、
ステントに血栓がつきやすくなるため、血栓を予防する薬を長期にわたって服用し続けることが必要です。

糖尿病や腎臓病がある場合は、カテーテル治療で使う造影剤が腎臓に負担をかけやすいため、
バイパス手術を優先的に検討します。一方、年齢の高い人や、肺の病気・肝硬変がある場合は、
手術のリスクなどからカテーテル治療が優先されます。
なお、速やかに血流を再開させないと生命に危険が及ぶ緊急時には、カテーテル治療が行われます。

スポンサーリンク

 

 -トピックス

  関連記事

心臓の画像05

第77回日本循環器学会学術集会

学会自体の案内 http://www2.convention.co.jp/jcs2013/japan

2011年の心筋梗塞後のリハビリの動向

今年は、心筋梗塞のリハビリで流れが変わった年だったような気がします。 http://blog.goo

心臓の画像57

主治医が見つかる診療所「あなたと大切な家族を 突然死から守る方法 第3弾〜心筋梗塞・狭心症〜 」

2012年11月19日放送に2時間のSPで放送されました。 詳しくは下記を参照してください。 htt

「死の瞬間」について、結構読ませるサイトがあったのでご紹介です。

「死」に立ち会ってるアメリカ・ニューヨークの救命救急士さんの「死にゆく人」を見る時のプレゼンです。

筋肉細胞を培養シート

再生医療

「動き出す再生医療 15兆円市場を狙う「富士フイルム」の野望」 2015.9.9の日刊ゲンダイで、

心臓の画像01

「逃げるか」、「死ぬか」、「前向きに手術で何でもしてもして戦うか」

ここ数日、というか1ヶ月くらい調子が悪かった。 今年の夏、発症以来3年ぶりにビール飲んでた。 アルコ

心臓の画像07

夏は心筋梗塞に最も注意が必要な季節です

夏は心筋梗塞に最も注意が必要な季節です。 特に梅雨明けから1ケ月。   スポンサーリンク

心臓の画像56

NHK「今日の健康」で不整脈についての放送

NHKで2011.8と2012.12に2度にわたって、「不整脈」について、 放送がありました。(今日

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

松田直樹さんの命日とAEDの普及

今日は、元サッカー日本代表「松田直樹」さんの4回目の命日です。 2011年8月2日、松本市の梓川ふる

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに