*

このサイトと管理人について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

2010.3.12に冠状動脈の#7がが狭窄し、カテーテル手術しました。

1週間前から、心臓が締め付けれれる痛みがありました。
痛い時間がだんだん長くなり、最後に止まらなくなりました。

「心臓が痛い」→検索、で約 7,140,000 件ヒットします。
この数秒の作業で、失った心臓が3割→1割で済んだかもしれません。
であれば、状況はまったく違ったと思います。

退院後、私と同じような人間は、どのような生活を送って何年生きたか、徹底的に調べましたが、どこのサイトにもありませんでした。

心筋梗塞・狭心症について書かれたサイト・本はたくさんありますが、ほとんど、発症後どうなったか、どういう暮らしをしたか、どのような状況で何年生きたか、発症した人の発症後の生活について書いたサイトはあまりありません。極力発症した人のその後について資料見つけたらご紹介していきます。

いまだに(2015.1.29時点)53歳で発症し#7が狭窄、6時間後にカテーテル手術で助かったが心臓の1/3を失った人が、その後どのような生活を送ったのか、資料に巡り合えていません。

 

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/05/30

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに