*

恩師の心筋梗塞その2(手紙)

      2018/12/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

先生スゴイ。拍手。
今年6月にたまたま朝日新聞を買ったら、
「心臓を守る」シリーズの第一回連載がスタートした日だった。

 

 

*2013.3.20 朝日新聞の記事リンク先無くなりました。

リハビリ 心臓を守る:1 30分の心肺停止から生還

リハビリ 心臓を守る:2 心電計つけ異変に備える

リハビリ 心臓を守る:3 心拍数の上限決め運動

リハビリ 心臓を守る:4 退院後はさぼりがちに

リハビリ 心臓を守る:5 運動続けて、山歩き再開

リハビリ 心臓を守る:6 再発予防し死亡率下がる

この第一回「30分の心肺停止から生還」がすごい記事だった。
淡々と事実を記述しているだけだが、経験者からすると、
「ありえねー」という内容だ(った。)

伊東先生のケースを目のあたりにすると、信じられる。

この連載自体、スゴイ記事だった。
心筋梗塞ヤッチマッた人たちの事実が、淡々と述べれれている。
半分は「奇跡」みたいな話だが。

僕も発症→手術から1年くらいは「リハビリやって元に戻ってやる」くらいのつもりだった。
近くの体育館まで行って、毎日1万歩以上歩くのを目標にしていた。
1年くらいたって、不整脈が止まらなくなり、死にかけた。
以来、一切リハビリをやっていない。

この連載を読むと、僕のは「やりすぎ」だったのかもしれない。

今、リハビリを止めて「もう元には戻らない」と吹っ切れたところで、
この気持ちが、心身ともに安定をもたらしているように思う。

リハビリどうするか、もう少し考えてみるつもり。

このサイトのプリントアウトとともに、先生に実筆で手紙を書いた。
久しぶりに書いた手紙だった。


 

 



前のページ

 -トピックス

  関連記事

『健康カプセル!ゲンキの時間』に体験談出演の依頼メールが来た

僕のこのブログを読んでくれて、 『健康カプセル!ゲンキの時間』 に体験談出演の依頼メールが来て、嬉し

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識(NHK 「ためしてがってん」から)

詳しくは NHKの番組サイト http://www9.nhk.or.jp/gatten/archiv

心臓の画像03

心臓が突然停止する!まさかの奇跡の生還SP(NHK 「ためしてがってん」から)

詳しくは NHKの番組サイト http://www9.nhk.or.jp/gatten/archiv

「ヘルプマーク」を東京都営地下鉄の巣鴨駅でもらってきました。

「ヘルプマーク」を東京都営地下鉄の巣鴨駅でもらってきました。 何の証明書もいらなかったです。 券売機

「死の瞬間」について、結構読ませるサイトがあったのでご紹介です。

「死」に立ち会ってるアメリカ・ニューヨークの救命救急士さんの「死にゆく人」を見る時のプレゼンです。

食事でとるコレステロールは気にしないでいい、厚生労働省が目標値を撤廃しました。

  厚生労働省から5年に1度出される「日本人の食事摂取基準」(2015年版) これまで成人

松田直樹さんの命日とAEDの普及

今日は、元サッカー日本代表「松田直樹」さんの4回目の命日です。 2011年8月2日、松本市の梓川ふる

心臓の画像02

なぜヒトは心臓病を患うのか(NHK番組紹介)

詳しくは NHKの番組サイト http://www.nhk.or.jp/special/detail

心臓の画像56

NHK「今日の健康」で不整脈についての放送

NHKで2011.8と2012.12に2度にわたって、「不整脈」について、 放送がありました。(今日

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに