*

iPS細胞

      2015/06/29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

ノーベル賞を、京都大学の山中教授が「iPS細胞(新型万能細胞)」で受賞した。
「何にでも移植できる細胞=iPS細胞(新型万能細胞)」は、心臓外科・内科業界では誰でも知っている話だった。

「来年の僕は僕でありながら、細胞ベースでは僕のコピー」はDNA遺伝子をコピーして細胞分裂するから。

 

スポンサーリンク

 
怪我してもおなじ。
DNAをコピーして全く同じ細胞が作られる。
人間の自然な機能で、この10年位でこの機能を医療に応用できないか、研究が進んでいた。
6年前には、山中教授が「iPS細胞」を試験管の中で作り出した。

人間の体には、「拒絶反応」がある。
他の人間の臓器を持ってきて別の人間につけても、人体は「異物が侵入した」と思い拒絶する。
たとえば、「手」とか「足」とかを別の人につけてあげても絶対につかない。
この、「拒絶反応」をなくすには、どうすればいいか?
「同じ人間の細胞を外で培養して戻してあげる。」
「同じ人間の細胞を外で培養して」上げたのが「iPS細胞」。
大切なのは。次の「戻してあげる」事が出来るか。

幹細胞よりiPS細胞の方が戻しやすいのだと思う。

日本では、「幹細胞」から心臓に移植し成功した例がある。
http://topicsnow.blog72.fc2.com/blog-entry-1205.html

幹細胞とiPS細胞の違いについては
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1219116782

 

スポンサーリンク

 

 -技術情報, ,

  関連記事

心臓の画像53

技術情報

心筋梗塞から心臓を守る幹細胞 2011.7 日刊ゲンダイ 生まれてから死ぬまで拍動を続ける心臓は、心

no image

素人に一言で説明 iPS細胞と幹細胞の違い

どちらの細胞も「**幹細胞」と言うのだと思います。 iPS細胞の発見、で京都大学の山中伸弥教授がノー

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに