*

手術初心者は必読!僕の手術初体験 その3 救急患者は無言でいると手術に合意した事に。

      2018/12/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

専門病院に着いたら、女医が待ち構えていた。
いきなり毛剃り。
何かの診察するのかと思った。
後で考えると、それだけ緊急だったのだと思う。

僕:「手術痛いんですか」
女医:「痛いのと死ぬのとどっちがいいの。今まで痛いの我慢してたでしょう」
僕:「・・・」(無言)
*この無言が「手術同意」になったようだ。

 

手術に合意

 

女医:「ご家族の同意とりますから、携帯貸して。」
僕:「はい」(と携帯を渡す)
僕:「発信履歴の一番上、兄です。救急車から電話してあります。」(と携帯を渡す)
女医:「お兄さんですね。**病院の医師の**です。」
兄:(はい、と返事した模様)
女医:「弟さんが緊急手術の必要があります。1秒を争うので、この電話で親族の”手術同意”をください。」
兄:(はい、と言った模様)
女医:「ご本人も先程同意しています。」
僕:(オレ、なんも言ってないよ。)

*トータルで詳しい手術の内容は
「僕の心筋梗塞体験記」

 

 -僕の手術初体験(事実ですがお笑いネタ様に書いてます), , ,

  関連記事

手術初心者は必読!僕の手術初体験 その2 「心臓が痛い」→検索のつもりが「臓」を忘れた。

心筋梗塞専門の病院へ向かう救急車の中で、痛み止め、グリセリンなどの処置で、楽になる。 救急士:「もっ

手術初心者は必読!僕の手術初体験 その5 手術の前は冗談言っちゃう。

退院の前に、検査のため手術をする。 カテーテルを心臓まで通す。 結構あぶない手術。   看

手術初心者は必読!僕の手術初体験 その1 救急病院の待合室で「救急車呼んでくれ」と叫ぶ

1週間断続的に、心臓がヅキヅキと痛む。 間隔が狭まって、もう我慢できない。 午後7時、近くの救急病院

手術初心者は必読!僕の手術初体験 その4 手術中に休憩。

手術が始まる。 冠状動脈が詰まった部分(狭窄)をカテーテルっていう管を右足の裏から通してとる。 局部

特定健康審査等 受診結果通知表

下の画像が「特定健康審査等 受診結果通知表」 2017.7.25受診 問題なのは GOT(30以下)

「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会」のご案内

2016.11.4 季節も変わり、寒くなりました。 「心筋梗塞経験者とその家族の九十九里浜を歩こう会

心筋梗塞の余後

一度心筋梗塞を発症した人が一番気になるのが、 あと何年、どんな状態で生きられるのか、 という事ではな

気になったTwitter

    皆様にお知らせ致しております。メモリアルに関する方々に読んで頂きたいです

心筋梗塞で亡くなられた故・松田直樹選手のお姉様は現役の看護師さんです

「松田直樹 姉」Twitterのアカウントをお持ちです。   週刊女性の人間ドキュメントに